魚銀のこだわり

 
魚へのこだわり
神戸市内2ヶ所の総水量1,000トンの備蓄施設から水産加工工場に活魚を移し、熟成させ、調理、冷却を済ませ魚を最高の状態にして毎日お出ししています。

明石の昼市

毎日、明石港昼市の高鮮度の天然活魚をお召し上がりください。

品揃え

活魚問屋三十年の経験を魚の品定めに生かし、鮮度、産地にこだわりぬいた自慢の魚を品揃え。魚屋だからできる豊富な魚の種類をお楽しみください。



 
『酢』へのこだわり
魚銀グループでは、伝統の木桶造りの酒粕酢と濃厚な酒粕赤酢を使用した自慢のお酢を使用しています。 味は甘めで昆布の旨味を利かせました。 シャリにほんのりと赤酢の色がついてます。
本物のこだわりを追求し、たどりついた伝統の味。

特徴

  • 江戸前赤酢で本格的な粋な味
  • 熟成3年桧桶でじっくり寝かせた濃厚で上品な味わい
  • 無添加、無着色、体が喜ぶ無添加で自然なお酢



 
お寿司へのこだわり
こだわりのネタ、赤酢のしゃりで感動できる寿司  
写真:昆布と鰹節と醤油

醤油 特級

かつおと昆布の出汁醤油

写真:木桶

赤酢

伝統の木桶造りの酒粕酢と濃厚な酒粕赤酢とをブレンドして生まれたお酢で、うおぎんでは3年間熟成の物を使用しております。
味は甘めで昆布の旨味を利かせました。
また、木桶の杉の香りと酒粕の香りが相まってしゃりに爽やかな香りとコク、旨味を与えてくれています。
うおぎんのしゃりがほんのり赤いのはこの酢を使用しているからなのです。

写真:鮮魚

品揃え

活魚問屋38年以上の経験を魚の品定めに生かし鮮度・産地にこだわった自慢の魚を品揃え。
魚屋だからこそできる豊富なネタをご用意します。
また明石港より昼一の高鮮度天然魚貝を搬入し、あわせて堪能して頂けます。

写真:海苔

米 海苔

安心の国産物を使用



寿司の旨さは鮮度が命


本社である活魚問屋 魚銀が保有する総海水量1,000トンの活魚備蓄施設から水産加工場に魚を移し

熟成、調理、冷却を済ませ魚を最高の状態にしてから1日に2回うおぎんに搬入しています。

魚の味が冴えている秘密はここにあります。

写真:鮮魚